2012年

11月

19日

映画「商店街な人」上映フューチャーセッション@ふじさわ ~ふじさわのまちの未来を語ろう~「まちの未来は自分たちで つながりが地域産業を熱くする!」

「まちの未来は自分たちで!つながりが地域経済を熱くする!」 
市民が主役、地域を誇りに思う気持ちがつながって、ひろがって、まちが元気になる。 
地域産業がもっと元気になるには? 映画を見て、考え、対話する未来セッションです。 

内 容: 

*映画「商店街な人」上映
<サンプル予告> http://www.youtube.com/watch?v=YErcyr4UB8o
全ての市民が主役となって協働し、地域問題を映画で解決しようと挑んだ作品。 2010年、大田区蒲田地区を中心舞台として制作。 
23区のうちでも1、2位を争う数の商店街、中心産業であるものづくり工場の技術なども描いている。 
地元の若者が「映画」という手法によって、自分たちのまちを活性化していこうというストーリー。 
自分たちでまちの未来ビジョンを描いていこうというメッセージをこめている。現状の課題解決をとらえ、少し先の未来の提示を投げかけている。 
★映画の見方☆ 
1シーン毎にどのような交渉がなされたのか?どんなまちの課題を提起して、同じ方向性で人の関係や共感を築いたのか?新しい地域映画の手法でまちづくりという共同作業にしていったのか? 
答えは映画の中ではなく、観る人の意識の中にあります。 
まちの顔はさまざま、まちづくりに方程式はありません。  
皆さんの地域に置き換えて考えてみてください 

*パネルディスカッション 
ゲスト ふじさわを熱く語る6名 
・内閣府特命l担当大臣 中塚一宏氏 
http://www.kantei.go.jp/jp/noda/meibo/daijin/nakatsuka_ikko.html
・株式会社三信精機 企画推進部長 斉藤与志行氏 
http://www.sanshinseiki.co.jp/
・藤沢浴場組合 会長 北橋節夫氏 
http://k-o-i.jp/koten/sakaeyu-sho.html
・湘南ビジョン研究会 代表 片山清宏氏 
http://shonan-vision.org/
・株式会社アゾンインターナショナル 代表取締役 早園正氏 
http://www.azone-int.jp/index.php?sid=000
・八百屋café八○八 代表 中越節生氏 
https://www.facebook.com/yaoya888/timeline

*会場全体でフューチャーセッション 
 参加者の皆さんと「ふじさわの未来」を考え、語り合い、共有する時間です。 
◆ファシリテーター  
藤沢市市民活動推進センター センター長 手塚 明美氏 
◆コメンテーター  
映画「商店街な人」監督 高橋 和勧(内閣官房地域活性化伝道師)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%92%8C%E5%8B%A7 

■プログラム  
13:30~  挨拶 藤沢市長 
13:40~  映画「商店街な人」上映  
15:00~  パネルディスカッション&会場全体でフューチャーセッション 
17:00   終了 

■名簿管理上、こくちーずからお申し込みをお願いします。
 http://kokucheese.com/event/index/60930/
■お問合せ  
・映画「商店街な人」上映フューチャーセッション推進実行委員会
・藤沢市経済部産業振興課  0466-50-3530 担当:饗庭 

■協力:ふじさわちょい呑みフェスティバル実行委員会 
    下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会 

■後援:藤沢市 神奈川県