2016年

11月

13日

2016年11月13日(日) 人むすびの場 第100回記念ダイアログ「99の物語から紡ぎ出されるもの」

2008年7月24日に第1回目を開催し、その後、月に1回のペースで開催している「人むすびの場」ですが、おかげさまで11月に第100回目を迎えることになりました。

 

本郷のビルの一角で始まり、場所を恵比寿に移してきました。会場を提供してくださっている英治出版や、厳しい予算の中でいつも笑顔で迎えてくれるレストラン:チムチムなど、素敵な方々に支えられていることに感謝いたします。

 

この100という区切りを祝って、11月は特別バージョンで開催いたします。

 

これまでゲストとしてお話してくださった99人の方々にお声かけをしたところ、当日行くよーと快くお返事いただいた方が何人もいらっしゃいました。また、当日は行けないけれど動画やパワーポインで近況報告できるよーとお返事いただけた方が何人もいらっしゃいました。

 

今回は、これまでゲストとしてお話くださった方々や、本郷で開催していた頃から何回も参加されている方、恵比寿に場を移してから参加されている方、最近やっと知ったんですよという方、関心はあるけど平日の夜だからなかなか行けなかったんだよという方、このような多様な人達が一堂に集い、ひとつの編み物を編み上げる時間を共に過ごせればと思っています。

 

皆様の笑顔にお会いできることを楽しみにお待ちしています、

 

人むすびの場 (鈴木賀津彦、高重和枝、角田知行)

 

=====  プログラム概要  ======

開催日:2016年11月13日(日) 12:00--17:00

 

場所 :日比谷文化図書館4F スタジオプラス

 

参加費:1,000円

 

申込み:http://www.terrestrial.co.jp/musubi/participation.php

 

第一部:プレセッション(プレゼンテーションタイム)12:00--12:45

これまでゲストで登壇くださった方々から送られてきた近況報告の動画やパワーポイントを御覧ください。特に進行はありませんので、好きな時間に来て御覧ください。

受付:12:30--13:00

 

第二部:鼎談「おもい・はじまる・ひろがる」 13:00--14:45

これまでゲストで登壇くださった方々の中から当日お越しいただけた方々に、活動を始めるにあたってどのような思いがあったか、その思いから活動へと一歩踏み出した時に何があなたを動かしたのか、活動を続けていく中でどのような困難があったか? それをどのように乗りこえたか? などをお聞きします。3人×3鼎談の時間がどのような織物を織り上げていくか楽しみです。

鼎談#1:おもう

・浅野マリ子さん(第56回登壇:北里大学薬学部 非常勤講師)

・土屋一昭さん(第82回登壇:東京最後の野生児 東京マウンテン「森の演出家」)

・坪田知己さん(第94回登壇:合同会社Loco共感編集部 代表社員・編集長)

鼎談#2:はじまる

・木村裕美さん(第25回登壇:中小企業診断士/早稲田大学 都市・地域研究所 客員研究員)

・高麗文康さん(第29回登壇:高麗神社 宮司)

・高橋和勧さん(第89回登壇:映画監督・NPO法人ワップフィルム代表)

鼎談#3:ひろがる

・伊藤まりさん(第50回登壇:福島県浪江町から県外避難、横浜市に在住)

・建入ひとみさん(第92回登壇:経営コンサルタントアッシュインターナショナル 代表取締役 橘舎)

・百崎佑さん(第96回登壇:ミニヨコハマシティ市長、高校生)

休憩          14:45--15:15

休憩時間に、第一部で紹介した動画やパワーポイントをこの時間でもお楽しみください。

 

第三部 ダイアログ   15:15--16:30

第二部に提示されたお話を受けて、もっと深めたいことを深めあう時間にします。2セッションおこなえるかな?

ダイアログ#1 話したいことを深めあう時間

ダイアログ#2 話したいことを深めあう時間

クロージング 16:30--16:45

この時間の中で、心に残ったこと、心に浮かんだことはなんでしたか? 心に浮かんだこと、心に残ったことの言語化の時間です。

 

片づけ   16:45--17:00 

お手伝いいただけたら嬉しいです!

 

■懇親会の予定  17:30---19:30

「HUB 日比谷店」にて2時間飲み放題で3,600円を予定しています。

 

■運営

角田知行と気心知れたファシリテータ達で、当日の場をホストいたします。

Art of Hosting in JAPAN(AOH_J)2016-11-13運営チーム 

(角田知行、ともまつけいこ、勝本敬造、青柳彰一、高柳謙)