2016年

11月

24日

2016年11月24日(木) 映画監督と漢方治療家によるMarginal×カレー×薬膳

11月24日(木) 映画監督と漢方治療家によるMarginal×カレー×薬膳

 

◆日時:2016年11月24日(木) 19:30~22:30

 

◆場所:キネマフューチャーセンター@京急蒲田

http://kinemafc2013.wixsite.com/kinemafuturecenter

 東京都大田区東蒲田2-20-2

 

◆参加費:¥3,000

 1ドリンク(チャイ含む)、薬膳カレー、パパド、お土産スパイスセット、

 薬膳カレーレシピ

 

◆申し込み:Facebook イベントページ

      「映画監督と漢方治療家によるMarginal×カレー×薬膳」

 

◆スケジュール

19:30 和勧監督による「マージナルとは何か」

     マージナルの辛さ、そして幸福とは

    (予習→)http://youtu.be/d-cPATe2rXc

20:30 スパイスカレーの作り方実演。

     しながらの「薬膳とは何か」

     カレーの辛さ、その効と不効とは。

21:15 実食withパパド

     懇親会フューチャーセッション

22:30 終わり

 

◆主催者:ワップフィルム 理事長 高橋和勧、漢満堂代表 青木満

 

~~講師ご紹介~~

総合漢方 「漢満堂」 代表 薬剤師、鍼灸師 青木 満(あおき みつる)

学生時代より漢方治療の権威、漢方薬局「平和堂」根本幸夫氏に師事。

10年間に亘り漢方治療の本質とその運用方法を学ぶ。

漢方薬局と調剤薬局両方の経験を通して、薬に依存しがちな現代医療に疑問を抱き、

「カラダの声を聴く」というスローガンの元、薬に依存しない独自の医療システムを構築。

現在、オーダーメイド治療をはじめ、薬膳レストランZENROOM監修や各種セミナーの開催など、健康に関わる様々な啓蒙活動をしている。

 

ワップフィルム 理事長 映画監督 高橋 和勧(たかはし かずゆき)

大阪ミナミの盛場を中心に金融・コンサルタント業・多角経営を経て、俳優へ転身。

2011年NPO法人ワップフィルム設立、理事長に就任。映画「商店街な人」製作。

2012年より内閣官房地域活性化伝道師。

地域創造、価値創造の事業を展開し上映フューチャーセッションの手法を確立。

2012年空家をリノベーションしキネマフューチャーセンター創設(大田区発)

2013年リージョンフィルム基金を構想し循環型地域経済の仕組みを創造。

2015年映画「未来シャッター」ネットワークプロジェクトを推進。市民発映画によるオープンイノベーションに取り組んでいる。

地域活性化に関する講演、執筆など多数。