2017年

3月

10日

2017年3月10日 一般社団法人経営情報学会-2017年春季全国発表大会

皆様、ご報告します。この度、当法人ワップフィルム製作、映画 「 未来シャッター 」ネットワークプロジェクトが、慶應義塾大学大学院SDM 幸福学 第一人者 前野隆司先生、大田区産業界 中小企業研究 第一人者 奥山睦先生らと共同研究となりました。映画がこのような学術的な研究対象となるのは、はじめての最先端な事例です。

 

共創力創発のための対話型映画の提案 ―NPO 法人ワップフィルム作『未来シャッター』の事例から―

Proposal of interactive movie for cooperative creation emergence :From the example of the Non-Political Origaization Wup Film product "Mirai Shutter"

1) 慶應義塾大学大学院 2) 特定非営利活動法人ワップフィルム 3)新潟薬科大学 奥山睦 1), 高橋和勧 2), 村瀬博昭 3), 前野隆司 1)

 

要旨:近年,映画による地域活性化が注目を浴びている.主たる議論としては,交流人口拡大のため の観光領域,地域アイデンティティー形成のためのコミュニティ領域に集約されることが多い. 映画『未来シャッター』は,中小地域間連携による産官学金,市民の協力により,大田区を拠点とすNPO 法人ワップフィルムが企画・製作した.本作は,従来型の地域映画と異なり,鑑賞後の対話を通して,鑑賞者,主催者,制作者,出演者等が各々の立場を越境し,新たなアクションへ繋げていっている.本研究は,本作の構造を明らかにし,共創力を創発して価値の再創造を行うためのファクターを洗い出し,複雑・大規模化する社会課題解決の新たな一方策を提示する.

Abstract: In recent years, regional revitalization by movies has attracted attention. As a major discussion, it is often concentrated in the tourism area for expanding exchange population, community area for regional identity formation. In the case of The film "Mirai Shutter" was planned and produced by NPO Wup Film based in Ota Ward, through collaboration between industry, government, academia and government, through cooperation among small and medium regions. Unlike traditional local cinema, viewers, organizers, creators, performers, etc cross over their respective positions and lead to new actions through dialogue after appreciation. In this research, we clarify the structure of this work, identify the factors for re-creation of value by creating cooperative creation, and present a new way to solve social problems that are complicated and large scale.

キーワード: 未来シャッター, ワップフィルム, 対話型映画 
Keywords: Mirai Shutter, Wup Film, proposal of interactive movie

 

一般社団法人経営情報学会-2017年春季全国研究発表大会